2021年7月14日水曜日

国体県予選・最終選考会

 7月3日に国体県予選が行われました。

個人戦

優勝 小田切・関川ペア(2年・2年)

2位 須田・白幡ペア(3年・3年)

3位 草野・小田ペア(2年・2年)

3位 松本・田村(3年・3年)

5位 川崎・佐藤直、佐藤優・菅原、櫻井・小平、新田・本間


県総体では敗退したペアも県国体では勝ってベスト8となりました。特に1年生が上位に食い込んできました。

4日に行われた最終選考会は上位4ペアで行われました。最終選考会の1位は決まりで、残り3人は強化委員会での推薦となります。メンバーの発表は県から認められてからとなります。


ハイジャパ ダブルス5位 

 6月25日~27日に北海道札幌市円山公園テニスコートでハイスクールジャパンカップ2021

が行われました。

シングルス 白幡 3回戦敗退

ダブルス 須田・白幡ペア ベスト8

コロナ禍の中、選手・関係者の協力で無事に実施することができました。ありがとうございました。ベスト8の結果をこれからのインターハイに向けて弾みにしていければと思います。


県総体 団体:優勝  個人6ペア インターハイへ

報告遅くなりました。

 6月4~6日小真木原テニスコートで県総体が行われました。

団体戦は失点なしで優勝。個人戦は6ペアがインターハイに出場します。

団体戦 優勝

個人戦

優勝 須田・白幡ペア(3年・3年)

2位 松本・田村ペア(3年・3年)

3位 佐藤優・菅原(3年・2年)

3位 小田切・関川(2年・2年)

5位 櫻井・小平(3年・2年)

5位 新田・本間(3年・2年)

インターハイは7月29日~31日、

石川県能登健民テニスコートで行われます。今年は団体戦が先に行われます。

応援よろしくお願いします。

2021年4月1日木曜日

全国選抜大会 団体3位!

  3月28日(日)~30日(火)に愛知県の日本ガイシスポーツプラザで全日本高等学校選抜ソフトテニス大会が行われました。選手・監督・コーチ・サポート選手2名までしか会場には入れず、保護者・部員も会場には入れませんでした。しかし、開催が危ぶまれる中、開催していただけたことに大変感謝しております。本当にありがとうございました。

 2回戦 対市立尼崎高校(兵庫県)                             1.須田・白幡 ④ー1 勝ち                                                    2.小田切・関川④ー1 勝ち                                  3.松本・田村 ④ー1 勝ち

3回戦 対都城商業高校(宮崎県)                                        1.須田・白幡 ④-2 勝ち                                  2.小田切・関川3-④ 負け                               3.松本・田村 ④ー2 勝ち

※3番勝負の2-2の1-3負けからの逆転でした。きわどい試合でした。

準々決勝 対高崎商業高校(群馬県)                                     1.佐藤優・関川④ー3 勝ち                                            2.須田・白幡   2-④ 負け                                                                   3.松本・田村 ④ー0 勝ち    

※1試合目の勝利が大きかった。小田切の代わりに出た佐藤優が緊張の中、粘り切って勝ちました。

準決勝 対三重高校(三重県)                                     1.須田・白幡 ④ー1 勝ち                                               2.佐藤優・関川1-④ 負け                                                       3.松本・田村 3-④ 負け

※3番勝負は前衛の田村の調子がよく、ポイントを重ねてゲームカウント3-2でリードしましたが、惜敗でした。

 練習試合もほとんどできず、全国私立高等学校選抜ソフトテニス大会も中止になり、練習は出来ていたものの、本番でどのくらい力が出せるのか不安を抱えた中での出場でした。     また、昨年の選抜大会が中止でしたので、全員が初出場となった選抜大会でした。準決勝は惜敗でもあり、残念な気持ちもありましたが、全国ベスト4入賞です。選手はよく頑張りました。立派です。練習の成果を出せたと思います。メンタル面での課題は残りましたが、これはインターハイまでの宿題として、日本一を目指してこれからも頑張っていってもらいたいと思います。  

 応援していただいた多くの方々に感謝しております。ありがとうございました。

 


2021年2月10日水曜日

東北インドア大会 団体2位 個人優勝

 1月15日(金)~17日(日)に岩手県奥州市総合体育館で東北高等学校インドアソフトテニス大会が開催されました。無観客ではありましたが、選手以外の生徒は会場に入って応援することができました。関係者のみなんには、開催が心配される中にも関わらず無事に開催できたことに感謝しています。

個人戦

須田・白幡ペア  優勝

小田切・関川ペア 3位

※個人戦は澤田・荒木ペア以来の2回目の優勝です。

団体戦 予選リーグ

①聖ウルスラ学院英知(宮城)③ー0 で勝ち

②一関学院(岩手)②ー1 で勝ち

準決勝 

田村(福島)②ー0 で勝ち

決勝

東北高校(宮城)0-② で負け

※決勝では1対戦目が前日の個人戦の決勝と同じ対戦となり、東北高校に雪辱された形となりました。2対戦目は羽黒高校の1年生ペアが東北高校の大将ペアと対戦し、ファイナルまで竸りました。今後の可能性を感じることができました。

※全国選抜大会は10回目(この内2回は中止)の出場権獲得です。過去には2位、3位入賞などしています。今年は優勝を目指しているようですので生徒の活躍が楽しみです。関係者全員(まずは自分たちが)が感染拡大防止を徹底して何とか全国選抜大会をいい形で開催してもらえればと思います。

2020年12月31日木曜日

県インドア大会 団体優勝

  12月19日(土)米沢市営体育館で山形県インドア大会が行われました。大会前に県のコロナ注意・警戒レベルがレベル4になり、開催そのものが心配されましたが、無観客(登録選手・監督・コーチ・引率教員のみ入れる)で行われました。例年、予選トーナメント → 準決勝 → 決勝 という流れですが、今年は8チームによる一発トーナメントとなりました。山形県のインドア大会では、東北インドアの個人戦が県新人戦の個人戦で決めるため、団体戦のみの大会となっています。

1回戦 対鶴岡工業高校  3-0 で勝ち

準決勝 対東海大山形高校 2-0 で勝ち

決勝  対山形中央高校  2-0 で勝ち

 コロナのために多くの大会が中止となるなか、生徒にとっては貴重な経験となりました。大会開催に関わっていただいた全ての関係者の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 東北インドア大会は1月15日(金)~17日(土)奥州市体育館で行われます。15日:個人戦、16~17日:団体戦。初打ちは4日のため、大会までの練習期間が限られていますが、全国選抜大会(3月末、名古屋市)出場に向けてできることをしっかり取り組んでもらいたいものです。







2020年11月9日月曜日

県新人戦 接戦での優勝

県運動総合公園テニスコート(天童)で11月7日(土)個人戦、8日(日)団体戦が行われました。個人戦はベスト4が東北インドア大会への参加資格、団体戦はベスト8~が県インドア大会への参加資格が得られます。感染対策としては、選手一人に対して保護者1名入場可でした。


個人戦

1位 須田・白幡(2年・2年)

2位 新田・本間(2年・1年)

3位 佐藤優・菅原伯(2年・1年)

3位 小田切・関川(1年・1年)

ベスト8 櫻井・小平(2年・1年)

ベスト8 松本・田村(2年・2年)

ベスト16西城・齋藤(2年・2年)

ベスト16菅原悠・渡邉(2年・2年)

ベスト16入江・遠藤(1年・1年)

出場9ペアがベスト16以内に入りました。


団体戦 

2回戦  対創学館 2-1 で勝ち

3回戦  対酒田南 2-0 で勝ち

準決勝 対山形商業 2-0 で勝ち

決勝  対山形中央 2-1 で勝ち

8年連続 10回目の優勝。

接戦の多い大会でした。課題も多く、これからの練習で克服していきたいと思います。応援ありがとうございました。